秋田の特産物をお土産に

秋田の特産物といえば、「秋田名物、八森ハタハタ、男鹿で男鹿ブリコ」と歌にも歌われた、ハタハタがあります。男鹿で男鹿ブリコのブリコとはハタハタの卵のことでポリポリと硬くどろっとネバリがありとてもおいしいです。一時禁漁になるほど減ってしまったハタハタですが、大昔は大量に獲れたそうで砂浜が見えなくなるほど打ち上げられたとか。この大漁のハタハタを塩漬けにして作られたのがしょっつる、塩汁です。しょっつるの原料はハタハタでなければいけないわけではないようです。いわゆる魚醤と呼ばれるもので、タイのナンプラーやベトナムのニョクマムなども同じ種類のものです。しょっつるといえばハタハタで作るしょっつる鍋が一般的でしたが、調味料としてちょっと入れると料理がぐっとおいしくなります。この秋田の特産物のしょっつるはお土産にいいです。同じく秋田の特産物で作られた麺がつくられています。しょっつるでスープを作れば秋田フオーになります。是非この秋田の特産物のしょっつるをお土産として全国に広げて料理に活用してください。

北海道肉系特産物の土産ならジンギスカン

北海道の郷土料理として親しまれているのが、ジンギスカンです。羊肉を専用の鍋の上で野菜と一緒に焼いた焼肉料理で、羊肉のスライスをタレに漬けたものが特産物 土産として販売されています。ジンギスカン自体はタレに漬け込んだタイプと生肉を焼いてタレに浸けて食べるタイプとがあり、生肉の場合はやや羊肉の臭みが残っています。タレに漬け込んであるタイプは比較的万人に受け入れられやすく、またジンギスカンの各専門店のオリジナルの風味ダレを楽しめる特産物 土産として旅行者にも購入されています。ジンギスカンのタレは主に醤油ベースで、砂糖、生姜、リンゴ果汁、にんにく、ごま油などが配合されています。味噌味ベースのジンギスカンを販売している店もあり、一風変わっています。北海道内で大変知名度の高いジンギスカン専門店では、ラム肉とマトン肉のそれぞれに上と特上を用意し、骨付きラムステーキやこだわりの部位まで扱っており、初心者にはお試し品も用意しています。

特産物の土産でうまかったもの

特産物の土産でうまかったものと言えば、自分の中では東北のかまぼこが
一番うまかった覚えがある。
大抵の場合は、お土産でいただくものは食べ物であるが、結構お土産は
数個買うと値段もかかるために、1人当たりは500円から1000円程度に
抑える事が多い。
その為に購入出来る商品もさすがに限られてくるので、その中で
おいしそうな物であったり、数が多かったりするものを選ぶ。
また夏場なら、腐りにくいものを選ぶこともある。

又、その次に特産物の土産でうまかったものと言えば、九州のラーメンである。
九州のとんこつ風細麺で、値段も購入できやすい金額であり、実際に
そのラーメンがうまかったので、無くなった後にインターネットで調べて
購入したものである。
恐らく自分の中では、家族も含めて一番うまいラーメンが今のところ
そこのラーメンである。
これは会社の人にも教えてあげて、次々にみんながまとめて購入するようにも
なったくらいの商品であった。
ただ、やはり季節的に今の時期は少し暑いかな。

特産物 土産も進化している

広島県の特産物 土産といえば、もみじまんじゅう。広島に行くときには、もみじまんじゅう買って帰ってきて。と、よくお願いするものです。もみじまんじゅうは小さい頃から、よく食べているのですが、進化したなと思うんです。昔、もみじまんじゅうは、つぶあんとこしあんしかありませんでした。もみじまんじゅうの中身は、あずきというのが一般的だったのですが、チーズやチョコや抹茶やりんごジャムが入った、もみじまんじゅうが出てきました。とてもビックリしたのを覚えています。あずきが苦手な人でも食べられるし、色も綺麗なので、とても良い案だなと思いました。しばらくあずきが入ったもみじまんじゅうと他の味のもみじまんじゅうがセットになったものが売られていたのですが、次に出てきたのは生もみじまんじゅう。もみじまんじゅうの外側の皮が、とてももちもちしているんです。中のあずきも味が濃厚でとてもおいしいです。お餅とあずきを食べているような感覚。現在、生もみじが人気で売れていると聞きます。このように、特産物 土産も日々進化していっているんだなと思います。

特産物 土産は多い方が良い

ドライブで日帰りで出掛けたり、旅行で宿泊したり、色々なところに行きました。遠出したら、必ず思い出にもなるので、お土産を買って帰ります。特産物 土産は、地方の特色なども感じられるし良いものだと思います。特産物 土産は、サービスエリアや道の駅やお土産屋さんの専門店などで購入します。そこでいつも思うことなのですが、特産物 土産は多い方が良いです。お店に沢山種類が並んでいる方が嬉しいです。一つ一つの値段が安くて、色んな特産物 土産を購入出来るのが、理想的です。一つの商品に沢山量が入っていなくても良いんです。洋菓子、和菓子、おうどんやラーメンなどの麺類、ハムなどの肉類、のりなどの海藻類、干物などの魚介類、そして果物。少しずつ出来るだけ多く買って帰るのが好きです。沢山ありすぎて、何を買って帰れば良いのか迷うなと、思いながら選ぶのが楽しみの一つでもあります。特産物 土産を沢山買って帰ってきて、家族と一緒に楽しみたいです。